お花のお手入れ

花束、アレンジメントフラワー、生花をはじめとするフラワーギフトや観葉植物、鉢物、ガーデニング、寄せ植えなどのグリーンギフト、いつまでも咲き続けるプリザーブドフラワーまであらゆるシーンのお花を取り扱いしております。
お届けしましたお花をより長く楽しんでいただくために『お花の楽しみ方』をご紹介致します。

花束

1.包装紙やラッピング資材を外しましょう

包んだままにしておくと、ムレてお花が呼吸できなくなってしまいます。

2.お水の中で茎を斜めに2cm程切りましょう

斜めに切ることでお水を吸い上げる面積が広がり、吸収しやすくなります。
切り口が空気に触れるとお水を吸い上げにくくなるので、必ず水中で切ってください。
このことを、「水切り」と言います。

3.お水を貯めた花瓶にお花を入れましょう

お花を生けるときは、きれいなお水を入れてください。
お水に葉が浸っていると葉が腐り、お水が汚れてしまうので取り除いてください。
また、市販の切花栄養剤などを使用するとより長持ちします。

4.お花が心地よい場所に飾りましょう

エアコンや直射日光を避け、涼しくて明るい場所に置くようにします。

5.毎日お水を替えましょう

お花は生き物なので、バクテリアを発生させます。それを吸い上げると傷みやすくなります。
お水を替えて、水切りをして長持ちさせましょう。
アレンジの場合はお水を足すだけで大丈夫です。

6.長くお花を楽しみましょう

風通しの良い日陰で逆さまに吊るして乾燥させると、大抵のお花はドライフラワーになります。
新鮮なお花ほどきれいに仕上がりますよ。

7.愛情をたっぷり注ぎましょう

お花がとっても喜ぶのは、なんといってもあなたがそそぐ愛情です。
たくさんかわいがって下さいね。

アレンジメント

1.お花をかざるときは

ラッピング資材(透明フィルム)を外して直射日光の当たらない風通しのよい所に飾ってください。

2.毎日のお手入れ

お花は吸水性スポンジに挿してあります。水が器から溢れ出ない程にお水を足してください。

3.スポンジのあとかたづけ

吸水スポンジは使い回しが出来ません。固く絞ってから水気を切るか、十分に乾かしてから、各自治体の処理方法に従って処分してください。

4.長く楽しむために

枯れたお花は抜いてあげましょう。少なくなってきたら小さなカップや花瓶に入れて飾ってあげてくださいね。

季節の寄せかご

花苗をバスケットに詰め合わされた商品です。
まずは、ギフトとしてお部屋で楽しんでください。
その後は、お好みで庭やプランターに植え替えてガーデニングを楽しむことができます。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、生花に特殊加工を施し、花本来の風合い・みずみずしさを長期間保ち、ご鑑賞いただけるように開発されたものです。
1.水やりの必要はありません。
2.直射日光・高温多湿を避けてください。
3.花びらは切れやすいのでご注意ください。
4.クリアケースは鑑賞・保管に最適なケースです。
ほこり除けや湿気対策に有効でより長く美しいままの状態を保つことができます。